大規模修繕

お客様の大切な建物を守り、資産価値を維持すべく、
長期修繕計画を作成し、大規模修繕をおこないます。

 

なぜ大規模修繕が必要なのか

木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造と構造を問わず、建物には経年劣化があり、これを完全に防ぐことはできません。
放っておくと美観や居住性を損ねるだけでなく、資産価値まで落としてしまうことになります。定期的に建物状況を調査し、修繕をおこなうことで、居住性の向上や資産価値の維持を図ることが可能です。

タスクからのご提案

大規模修繕をおこなう目安は、一般的に10年から12年といわれていますが、日照条件や仕上材、日常メンテナンスの状況などにより、修繕が必要となる時期は異なります。まずは、建物の現状と推奨される修繕時期についてご認識いただくために、建物調査・診断をおすすめします。
診断結果は「調査診断結果報告書」として書面にて提出、ご説明させていただき、早急に修繕が必要な箇所については、御見積、工事の提案をおこないます。またタスクでは、お客様の建物資産価値維持のため、長期修繕計画を作成しています。

長期修繕計画

長期修繕計画とは

一般的に10年から30年程度の期間を対象とし、マンションの塗装・外壁・屋上防水・給水管・排水管など、各所にまたがる大規模修繕工事をどの時期に、どの程度の費用をかけて実施するかを計画するものです。

長期修繕計画のポイント

・30年間の修繕計画
・修繕が必要なタイミングと概算費用
・計画通り修繕をおこなう為の資金計画(1ヶ月いくら貯蓄する必要があるか等具体的に計画します)

大規模修繕の事例もご覧ください