TASKの注文住宅(SW工法)

タスクの注文住宅は
夏は涼しく、冬は暖かい「スーパーウォール工法(SW工法)」の家

 

スーパーウォール工法の家は、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造です。

温度差の少ない大空間

SW工法住宅と一般住宅との違い

気密性能が高いため、部屋の上下温度差が少ない。

隙間の多い住宅ほど、空気の流出入が大きくなります。冬場の室内で足元が冷たいのは、図のように家の中に流入した空気が足元へ降りてきて、部屋の上下で大きな温度差が生じるためです。

壁面温度熱画像による部屋の上下温度差の比較:実在住宅測定例
(赤系ほど温度が高く、青系ほど温度が低いことを示します)

左がSW工法住宅で右が一般住宅

部屋間の温度差が少ない

温度差の小さい生活空間は、身体への負担軽減は言うに及ばず、集中力アップによる作業の効率化など、様々なプラスの影響が期待されるため、家づくりにおける「室温設計」が重要になります。
特に冬場のトイレや浴室、脱衣室などで感じる急な寒さ。その急激な温度変化は、体に大きなストレスとなり体調不良の原因にもなります。特に高齢者には血圧上昇による心臓への負荷によって、生命の危険を伴う重大問題ともなりかねません。

温度差による血圧変動

寒い時期に多い入浴中の死亡事故

左は断熱性の低い住宅右はSW工法の住宅

気密・断熱性にすぐれたSW工法の家は、部屋間の温度差が少ないだけでなく、部屋の上下の温度差が少ないことも実証されています。エアコンが効いている暖かいリビングなのに、なぜか足元が寒いといったことがなく、床に座って遊ぶ小さなお子様に、寒い思いをさせることもありません。

空気がきれい

シックハウスによる危害件数

近年、住まいの気密性が高まるにつれて「シックハウス」の被害が増加しています。換気不足の住まいでは、建材などから発生するホルムアルデヒドなどの化学物質や、ごく微細なチリやホコリ、花粉といったハウスダストが滞留して空気を汚染。気管支喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の発症を招くケースがあります。

高気密にこだわるSW工法住宅なら、
より質の高い計画換気を実現できます。

○ワンランク上の高気密性能
SW工法では、C値=1.0という高い気密性能にこだわり、隙間を極力抑えることで、外気とともに出入りするホコリや砂塵などを大幅カット。また、計画換気により取り入れる外気は、フィルターを介し、花粉など微細な粒子まで取り除きます。

○室内の空気のよどみを少なく
計画された換気経路にもとづいて、ゆるやかな空気が流れ、室内空気のよどみを解消。空気のよどみによる室内の湿気上昇を抑制し、不快な結露の発生を抑えます。

計画換気のしくみ(イメージ)

地震や台風に強い

地震・台風などの天災に強いSW工法

独自の「SWパネル」高耐震構造
構造用面材(OSB)に断熱材(発泡ポリウレタン)を組み込むことで、
耐震性はもちろんのこと、気密性・断熱性もアップさせる高性能パネルです。

バランスのよい構造計画が、災害に強い住まいをつくります。

木造軸組工法の場合、外力が柱や筋交いに集中して、建物がねじれやすくなります。
SW工法は木造軸組工法に高性能SWパネルをプラスすることで、外力を建物全体に分散してバランスをとる災害に強い住まいを実現。
SW工法で使用するSWパネルやサッシは、様々な試験で耐震性・耐風性をチェックし、その高い安全性が実証されています。

SW工法と一般住宅の外力作用の違い

壁倍率5倍パネル

国土交通省認定木造最高壁倍率5倍パネル

6面体の一体化構造である強靭なモノコック構造
SW工法は、壁・床・天井が一体化した箱形を構成するモノコック構造。航空機や自動車ボディの技術から発達した構造で、大きな外力にも変形しにくい特徴を持ちます。
住宅においては、地震や台風などの外力が接合部などに集中しづらく、建物全体に分散するため、ひずみやくるいに強さを発揮します。

一般的な在来工法(筋交い補強)

スーパーウォール工法(モノコック構造)

耐震性・耐久性ともに優れた鉄筋コンクリートベタ基礎

耐震性・耐久性に優れた鉄筋コンクリートベタ基礎
堅牢な鉄筋コンクリートベタ基礎に、構造用金物を取り付け高い耐震性を実現。さらに防湿シートを敷き、土台を腐らせる原因ともなる地面からの湿気を防ぎます。

防火構造でもあり公的な防火試験に合格

公的な防火試験に合格
SWパネルは「防火構造」と「準耐火構造」の大臣認定を取得しております。その優れた安全性から 、防火制限地域においても必要に応じて建築規制に対応可能です。

結露対策

目に見えない結露の対策としても効果を発揮

家族も住まいもいつも健康に。
二つの結露対策で、安心・快適に過ごせます。

見えない壁体内結露
住まいの結露対策は、目視できる窓まわりだけでは不完全。普段見ることのできない壁の中にも結露が生じ、躯体を傷める原因となることがあります。湿気を通さない硬質ウレタンフォームと外壁通気構造で壁の耐久性を高めます。

湿気を通さない硬質ウレタンフォームと外壁通気構造で壁の耐久性を高めます

通気層構造と高性能断熱材が住まいの耐久性を高める
末永く快適に暮らすために、世代を超えて住み継いでいける家であるために、また、資産価値を維持し続けるために、建物の耐久性を見逃してはなりません。
一番のポイントは、湿気による壁内部への結露の発生を抑えること。特に断熱材の耐湿性がそのカギとなります。

最高水準の性能を持つ断熱材が壁の内部結露を抑える
SW工法で使用している断熱材は、高性能な硬質ウレタンフォームです。その特長は湿気を通しにくく、グラスウール比およそ2倍(※1)の断熱性能。壁の内部結露を抑えることができ、住まいの耐久性向上に効果を発揮します。また、瑕疵保証では保証されない断熱材内部の結露による劣化を35年間保証(※2)します。

※1 グラスウール(16K)との断熱性能比較
※2 保証対象となる断熱材は、壁パネル、屋根パネル、小屋パネルに使用している硬質ウレタンフォームとなります

スーパーウォールで使用されている硬質ウレタンフォームは小さな硬い気泡の集合体

音が静か

80dBの騒音も50dBまで減衰※することが可能
SW工法の室内は、外からの騒音をシャットアウトし、睡眠や勉強のなどの妨げにならないほど静かで快適な空間です。また、楽器の演奏など屋外への音漏れへの心配についても、すぐれた遮音性能によって周囲を気にすることなく、音のストレスから解放される生活を実現します。
※モデル住宅での計測結果による(周波数500Hzの場合)

室内の音が室外で減衰

室外の音が室内で減衰

高性能SWパネル + 気密性複層ガラス
騒音は、主に建物の隙間などを出入りしています。SW工法住宅は、気密・断熱パッキンによるSWパネルの高気密施工で、優れた遮音性能を発揮。さらにSW工法で採用する断熱サッシが、高気密性かつ複層ガラス仕様によって遮音性能を一層高めます。
※SW工法では、建物の気密性能を確認する気密測定を実施し、報告書によってお知らせします。

建物の機密測定

性能報告書

自由設計

SW工法は、和風から洋風まで、お客様のご要望で自由設計できる高性能住宅です。

空間プランニングの自由度
自由設計でこだわりのスタイリッシュな外観、ご家族のライフスタイルにあった間取りプランを実現できます。

自由なプラン

スタイリッシュなプラン

エコロジーに配慮

SW工法住宅は、一般住宅と比較して、冷暖房・換気・給湯・照明などの光熱費を43%削減することが可能です。さらに、水道費においても32%の削減がおこなえ、全体で41%の水道・光熱費を削減。年間で168,480円の節約を実現することができます。

これらのランニングコストシミュレーションは、家族構成や住まいの条件、地域などによっても変わりますので、建てる前にシミュレーションをおこない、お客様にご確認いただくことができます。

光熱費比較(円/年)

光熱費の比較

水道費比較(円/年)

水道被比較

TASKの注文住宅についてのご質問はお気軽に!