土地活用のメリット

土地活用のメリットは、
「税金対策」「安定収入」「地域貢献」

 

税金対策

相続税などの税金対策
「相続する土地があるが、相続税がかかって、あとは何も生み出さない。持っているだけでも固定資産税がかかるし、どうしたらいいだろうか?」よくご相談いただく内容の一つです。

確かに土地は所有しているだけでは、毎年固定資産税や都市計画税が課せられます。株式会社タスクが提供する土地活用は、以下のような税金対策につながります。
 

相続税対策

相続税対策相続税の評価においては、原則的に相続開始時の「時価」で決められますが、土地・建物等の不動産の場合は、時価ではなく「評価額」で決まります。「評価額」は、時価よりも低い場合が多く、預貯金で相続するよりも有利と言われております。
特に相続税対策においては、その土地にマンションを建てることで、その土地は「貸家建付地」として評価され、評価額が下がるといったことがあげられます。

例えば市街地の土地に賃貸住宅を建てた場合、土地建物の評価額が減額されるため、相続税対策となります。

相続税の減額

 

固定資産税対策

固定資産税対策「固定資産税」とは、土地建物を所有している人が、その固定資産の価格をもとに算定された税額を、所在する市町村に納める税金のことです。(土地や建物が市街化区域内にあると、原則的に「都市計画税」も課税されます)
注意したいのは、固定資産税は3年に1度更新される「評価額」が基準となるということ。例えば、土地を更地のままにしておくと住宅用地の特例が適用されなくなり、次の年からの固定資産税が大幅に上がってしまいます。しかし、マンションなどの賃貸住宅を建てることで、特例措置などが受けられ、税負担を軽くすることが可能なんです。

 

所得税対策

所得税対策「所得税」とは、収入に対して課税される税金です。
「収入」と「所得」は、異なるものになります。
「収入」は売上高のことで、アパート・マンション経営でいうと家賃、共益費、礼金、敷金・保証金のうち、返還する必要のないもの及び更新料などになります。「所得」とは、収入から必要経費を差し引いたものとなり、不動産所得、事業所得、給与所得などがあたります。これらの所得をそれぞれ計算し、全ての所得を合計した総所得額に対して課税されることとなります。

ですから、賃貸住宅経営では、毎月の家賃収入などから「不動産所得」が生じ、給与所得や事業所得など他の所得を合計して確定申告します。この申告所得を元に、所得税の額が決まります。
そこで、「所得」を計算する前の「収入」を見直すと、そこには「必要経費」があります。「必要経費」には、「減価償却費」等さまざまな計上ができるため、所得から差し引くことで課税される総所得額を減らし、節税対策につなげられます。

 

長期にわたる安定した収入

老後に向けた安定運用老後に向けて安定した収入を得ることは、経済的にも心理的にも、とても大事なことです。老後への資金準備として、年金や預貯金、証券や生命保険といった手段を取られている方も多いと思われますが、これらの手段は、時としてリスクが大きくなることがあります。

土地活用のメリットは、最初に綿密な活用計画を立てておくことで、この先長く安定した家賃等の収入を見込むことができることです。

タスクでは、「今後の30年間をどうするのか」を考え、税理士や司法書士、不動産鑑定士などのパートナーとともに収支計画を立案し、サポートしていきます。
土地は持っているだけでは、経済的なプラスを生みません。その土地のある場所、入居者が求めるものをしっかり把握して、的確な運用を行うことで、預貯金や証券など金融商品の金利を上回る収入を得ることができるのです。

 

わたしたちの住む地域への貢献

横浜市の高齢者向け優良賃貸住宅地元への地域貢献
土地活用は、税金対策や長期に渡る安定収入を得るだけではなく、同時に地域への貢献にもつながります。
例えば、店舗や事務所、医療施設など、地域に必要なものを提供することができます。


株式会社タスクは横浜市の「高齢者向け優良賃貸住宅特定管理法人」です。
横浜市の高齢者向け優良賃貸住宅とは、建てる方、入居される方双方にメリットがある地域貢献型の土地有効活用になります。

・建てる方には建設費の一部を横浜市が補助するメリット
・入居される方にはバリアフリーの住宅で、さらに所得に応じて家賃の一部を国と横浜市が補助

お客様やそのご家族だけでなく、入居者様や地域にも貢献できる――
そんな活用方法があります。

次に実際の土地有効活用ケースをご覧ください